2009年山のアルバム

ライン   戻る

 5月2日(土)夜行〜6日 鳥海山
2日の22時30分に集合して、東北道〜山形道と高速道路を走り、西川ICを出て112号線を月山沢から酒田に向かい、
途中の三川町のなの花温泉「田田(でんでん)」に、広大な菜の花畑の道路を隔てたすぐ横にある施設で、入浴後に
個室を借りて休憩する。

羽越本線の小砂川駅は7号線から別れた海岸よりの旧道にあり、松本旅館は道路を隔てた海側にあった。
(羽越本線は秋田までで、さらに奥羽本線となり、東能代からは
五能線となる。以前、青森から秋田を旅行したときの夕日をあびて走る五能線のイメージが重なる)
宿に入るまでの時間もあるので、元滝や十六羅漢岩を見学する。

4日の朝食は7時にしてもらい、車で宿を出てブルーラインのゲートまで走る。ゲート前には10台ぐらいの車が
つながっていた。8時30分に鉾立登山口から登山開始、アイゼンも着けづに登っていく。スキーを担いでいる人が多い。
登山だけの我々のようなグループは少数派のようだ。すぐに白糸の滝の展望台にでる。
スキー場の緩斜面のようなカールの先は絶壁だった。白糸の滝はそこから深くて
見えないところまで落ちていた。

賽ノ河原は雪で知らないうちに通りすぎてしまう。御浜小屋への登りに汗をかき、雪で半分埋まっている
小屋の横から雪に埋もれた鳥海湖(鳥ノ海)や鍋森(1652m)を見てから扇子森(1759m)を通過して御田ヶ原に、
霧でホワイトアウト状態だったが山が見えるようになり753掛に、ここで昼食にする。

5日(火)は、鳥海山の北側の中島台リクレーションの森を散策してから酒田港の海鮮問屋のとびしまに向かうが、
時すでに遅し駐車場に置ききれなかった車が道端にところ狭しとならび、道端にも置けない状態なのであきらめて
国道7号を走り、回転寿司で食事。その後、出羽三山の一つ羽黒山に向かう。


なの花温泉 田田(でんでん)
元滝
十六羅漢岩
鳥海山
御浜小屋
鳥海山 七五三掛
松本旅館
鳥海山・・
小砂川駅
中島台リクリェーションの森にて
羽黒山の五重塔
羽黒山 修行の滝


 戻る