最新版


2017年度

高尾山〜陣馬山 岩茸石山 第六回富士山マラソン 雲取山 雁ヶ腹摺山 鳳凰三山 雲取山避難小屋泊

越後駒・平ヶ岳ツアー 高尾山〜陣馬山 釈迦ヶ岳 根名草山 棒ノ折山 クリーンハイク奥多摩・惣岳山

箱根・明神ヶ岳 畦ヶ丸 越生・五大尊 南木曽岳 大平山 桜山・七沢森林公園 扇山 陣馬山 高尾山うどん

三条の湯から雲取山 武蔵丘陵森林公園 高取山〜仏果山



山行報告

12月23日(土) 高尾山〜陣馬山  


メンバー 5名

コース 高尾山口駅〜ケーブル駅(乗車)〜山頂駅〜高尾山山頂〜城山〜景信山〜底沢峠〜明王峠〜陣馬山

〜新ハイルートで下山〜陣馬高原下・・・バスで高尾駅北口に、高尾温泉フロッピーで入浴。

集合の8時30分より早く高尾山口駅についてしまったが、同じ電車にKAさんが乗っていた。改札を出ると

ONさんが待っていた。予定の8時30分には全員集合してケーブル駅に向かう。480円の切符を買ってケーブル

に乗り込む。朝早いせいか展望台からの富士や丹沢方面の景色は抜群に良い。干し柿やみかん、餡子の入った

和菓子などいただく。なにも持ってこなかったので、申し訳ない気持ちになる。TAさんとONさんは早く、追いつ

くのが大変な後ろの3人(私も)。トレイルランの大会があり、ゼッケンNoを付けた人たちが前から駆けてくるので、

そのたびに避ける。景信茶屋に11時30分着。昼食にする。TAさんがいつものナメコ汁だが、今日はお椀付きだ。

また一味ちがう。高尾〜陣馬縦走路は長い。2回ほど巻道を避けて直登したONさんのペースが陣馬山に近づく

につれ落ちる。直登で頑張った分が効いてきたのかもしれない。山頂で待っていたTAさんは待ちくたびれたよう

だ。陣馬山山頂に14時着。集合写真を撮ってから、新ハイルートを下山。TAさんとSAさんの下山ペースが尋常

でないほど早く、とても追いつけず、ドーピングかと冗談が出るほどだった。陣馬高原下バス停に15時ごろで15時

25分発のバスで高尾駅北口に、ここでSAさんと別れて、男性4人で高尾温泉フロッピーに向かった。





忘年山行と忘年会

12月16日(土) 岩茸石山(793m)


メンバー 11名

コース 川井駅〜北川橋〜岩茸石山〜高水山〜高源寺〜軍畑駅  下山後に河辺駅前の梅の湯に立ち寄る。

北川橋バス停の少し先に登山口があった。舗装路を登っていくと工事現場があり、小屋や簡易トイレがある

ところからが登山道となる。急登の登山道がしばらく続き稜線に出て、また急坂を登り雪が少しだが踏み固められ

滑りそうな場所を上がったところが岩茸石山だった。少し下がった日当たりの良い場所で昼食休憩。T会長の

ナメコ汁をいただくと体が温まる。NMさんからの梨が冷たくて美味しい。軍畑駅に全員が2時25分ぐらいには着き

2時31分?発の青梅行に乗ることができた。河辺駅前温泉に入り、休憩室で生ビールを飲む余裕があり、4時30分

に、忘年会に出発する。

忘年会は、高田馬場の「あいらく亭」で18時30分ごろから。

メンバー 18名

美味しい料理とビール、お酒、ワインで盛り上がる中、高橋会長からSYさんに結婚祝い金、会員の皆からの

寄せ書きが送られた。

 
 
 
 


12月6日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 8名

例会の日程 1月10日(水)・2月7(水)・3月7日(水)・総会は3月25日(日)


12月3日(日) 北区連盟 安全登山対策講習会2017の報告

当日は寒いということで、雨天時の場合に予定した夕やけこやけふれあい館 3階和室で13時〜17時で講習会が

行われた。特に役立つと思われたのは、空にしたザックを逆さまにして歩けない負傷者を背負う方法だった。

* TKさん(女性) が例会に参加。忘年山行と忘年会にも参加してくれるそうです。明るくて気さくな方でした。


マラソンの報告

11月26日(日) 第6回 富士山マラソン

メンバー  
6名

淡歩々山の会は、山歩きの会ですが、トレーニングの延長から、マラソンにも有志が参加するようになり、5年ぐらい

になります。走ることは、足腰の訓練だけでなく、心肺機能や持久力、精神力など鍛えられます。健康にも良いし、近

所で手軽に走れるので訓練には最適です。さて、今年の富士山マラソンは最高でした。

前日は、河口湖駅に集合して、西湖湖畔のいずみの湯に入り、京王富士スバル高原別荘地のTさん所有の

ログハウスに向かい、前夜祭。みんなで集まっての歓談タイムはいつもながら楽しい。

Y子さんは、いつも手作りのケーキを持参して皆の胃袋を癒してくれます。翌朝は6時に起床して餅と竹輪入りうどん

バナナ、おはぎを食べて出発。昨年は前日の大雪で大変でしたが、今年は良い天気で心もはずむ。42.195kmのフル

マラソンに果敢にいどむ。Y子さんの御主人のTHさんはさすがに強く、3時間30分ほどで完走。他の4名は満身創

痍ながらも、5時間は切れなかったが完走した。(MNさんは10kmのファンランの後に自転車で応援)





山行報告

11月18日(土) 高取山〜仏果山  
雨のため中止になりました。

11月3日(金)祝日〜4日(土) 雲取山 

メンバー 5名

コース 11/3 奥多摩駅・・バス・・鴨沢〜小袖乗越〜堂所〜ブナ坂〜奥多摩小屋(泊) 夕食準備

    11/4 奥多摩小屋(朝食)〜小雲取山〜雲取山〜奥多摩小屋〜ブナ坂〜七ッ石山〜千本ツツジ〜

    鷹ノ巣山避難小屋〜水根山〜六ッ石分岐(昼食)〜三ノ木戸山〜奥多摩駅

10月は雨ばかり降っていた反動で、今回の3連休はバスも電車も山をめざす人で混んでいた。

来春から入会するというYさんの初山行だ。バスに弱いNさんはまたも車酔いしたが1〜2時間で回復。

いつものダジャレの連発で絶好調のT会長。それでも奥多摩小屋には予定どうり到着した。

小屋は我々5人と個人客5人だけだと思ったら、23人の団体客が遅れてきた。中央道の大渋滞で鴨沢を11時30

分に出発したという。16時すぎから夕食の準備。TMさんの御馳走です。チキンとパプリカのスープは暖まる。

ポテトサラダに玉ねぎ、人参、キューリ、干しブドウ、ハムなどいろいろ入り最高。煮物のコンニャクと竹輪の味

つけも最高。夕食でお腹いっぱいになりました。

翌朝は、TMさんは先月に雲取山に登っているので小屋で待機して4名で山頂に向かう。今年は2017年で、2017m

の雲取山ということで、限定の記念碑が立っている。小屋に降りて5名で石尾根を下り、六ッ石山の手前で昼食をとり

奥多摩駅に向かった。その後、ぬかるんだ道をさけて側道を歩いていたら、Tさんが石尾根から外れているので

は?、というので再度検討したら、日原に出る道を下っていたので引き返して歩き続けた。

予定の15時前には全員無事に奥多摩駅に到着して河辺駅前の温泉に向かう。Oさんが今日は鷹ノ巣山に登る

と聞いていたが、六ッ石山を2時間ほど早く下山したとの電話があった。





11月1日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 9名

例会の日程 12月6日(水)・1月10日(水)

山行報告

10月20日(金)夜行〜21日(土) 袈裟丸山   
雨のため中止になりました。

10月15日(日)  おでん山行 湘南平  労山北区連盟 淡歩々山の会主催  雨のため中止になりました。


10月8日(日) 雁ヶ腹摺山

メンバー 3名

コース 大月駅・・タクシー・・大峠〜雁ヶ腹摺山〜大袋山〜宮地山〜宝鐘寺薬師堂〜奈良子入口・・バス・・猿橋駅


10月8日(日)〜9日(月)祝日  鳳凰三山

メンバー 2名

コース 10/8 青木鉱泉〜ドンドコ沢を経由〜鳳凰小屋(テント)  

10/9 鳳凰小屋〜地蔵岳(オベリスク)〜観音岳〜薬師岳〜中道を経由〜青木鉱泉

3連休は、当初の予定を変更し、一泊二日の行程で鳳凰三山へ、天候にも恵まれ、朝日を浴びるオベリスク(地蔵岳)

や甲斐駒ケ岳、間近に見る北岳の稜線など、素晴らしい景色を堪能することができました。富士山、八ヶ岳、南アルプ

スを一望できる大パノラマは迫力満点 ! 記憶に残る山行となりました。

         朝焼けと地蔵岳            薬師岳から富士を眺む
 

10月2日(月)〜3日(火) 雲取山 避難小屋泊

メンバー 3名

コース 10/2 鴨沢〜小袖乗越〜堂所〜ブナ坂〜奥多摩小屋〜小雲取山〜雲取避難小屋(泊)

10/3 雲取避難小屋〜雲取山〜奥多摩小屋〜ブナ坂〜七ッ石山〜堂所〜小袖乗越〜鴨沢

奥多摩駅発8時42分の鴨沢西行に乗車して、鴨沢にて下車。昼ごろからガスが出てひんやりと、登りにはちょうどいい。

奥多摩小屋の水場でOさんが水を汲んで背負ってくれる。避難小屋は男性6名と私たちで泊ることになった。

外の気温は6度、室内は13度である。強風による引き戸のガタンガタンという音を聞きながら就寝。翌日は、晴れ。

富士山や七ッ石山、奥秩父の山々がくっきり見えて感動。カラマツの紅葉もはじまってきれいです。雲取山山頂と

七ッ石山には立派な記念碑が立っていました。






10月4日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 7名

例会の日程 11月1日(水)・12月6日(水)

山行報告

9月23日(土)〜25日(月) 越後駒ヶ岳・平ヶ岳 ツアーの報告


9/23(土) 新宿・・バス・・新潟県北魚沼郡銀山平の「伝之助小屋」泊。

9/24(日) 「伝之助小屋」・・バス・・枝折峠登山口〜越後駒ケ岳〜駒ノ小屋(昼食)〜登山口・・バス・・「伝之助小屋」

9/25(月) 「伝之助小屋」・・バス・・中ノ岐林道登山口〜平ヶ岳〜登山口・・バス・・ 「伝之助小屋」・・バス・・大湯温泉

「ユピオ」・・バス・・新宿。

参加者は60才以上の方が大半の様子。若い女性も数名参加していた。登りでは30分に1度の休憩が入り、歩き

やすかった。枝折峠を4時20分に出発、越後駒ケ岳に9時45分着。登り下りの繰り返しの道は長かった。山頂からの

景色は素晴らしく、八海山・中ノ岳・荒沢岳など近隣の山々がくっきりと見えた。平ヶ岳は、登山口を5時30分に出発。

川を渡ると、いきなり急登になり開けてきて木道になると一気に玉子石に、そこからはほぼ平らな木道歩きになる。

池糖や草紅葉、なだらかな山容が絵になる。山頂手前で40分の昼食とのんびりタイム。

奥只見シルバーラインはすごいトンネルでした。銀山湖は雄大な自然を感じました。

 
 
 


9月10日(日) 高尾山〜陣馬山

コース 高尾山口〜高尾山頂駅〜城山〜景信山〜明王峠〜陣馬山〜新ハイ尾根(バリエーション)〜陣馬高原下

高尾山口はハイカーとランナーでいっぱい。人が多いのでケーブルカーで高尾山頂駅に上がる。Sさんの体調も

よくて、景信山まで順調に歩く。温度23度で無風のためかなり暑い。明王峠までくるとさすがにハイカーも少ない。

のんびりと自然のグリーンシャワーを浴びながらゆっくり散策。信玄茶屋のゆずシャーベットで体を冷やして生き返る

下山は、新ハイ(新ハイキングという団体)が開拓した尾根を下って陣馬高原下バス停に、



9月6日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 11名

例会の日程 10月4日(水)・11月1日(水)

山行報告

8月5日(土)〜6日(日) 夏山山行 (釈迦ヶ岳、雨ヶ岳)


メンバー 6名

コース 8/5(土) 相模湖駅・・河口湖IC・・若彦トンネル・・スズランの里駐車場〜釈迦ヶ岳〜スズランの里駐車場

・・西湖いずみの湯・・・T山荘(泊)

8/6(日) 高橋山荘・・・野鳥の森駐車場〜樹海遊歩道〜紅葉台〜三湖台

河口湖の北側に御坂山塊を貫く若彦トンネルが出来て芦川スズランの里に入りやすくなった。

トンネルを抜けるとすぐにスズランの里入口バス停があり、そこを右折して道なりに進むと奥にスズランの里駐車場

があり、案内板もあった。道路を少し登ると登山口があり、急な坂道を登って行くと稜線に出る。アップダウンの

稜線を快適に歩くと最後は岩場になり、岩場を登ると釈迦ヶ岳の山頂だ。あいにくと曇り空で近くの山が見えるだけ

だったが、天気の良い日はかなり遠くまで見通せそうな山だ。




翌日は樹海に・・(当初予定の雨ヶ岳ですが、石割峠駐車場が見つからず、急きょ変更して青木ヶ原樹海に)

野鳥の森パーキングに車をとめて青木ヶ原の樹海を歩き、紅葉台から鳴沢氷穴に向かい、樹海の中を

富岳風穴へ向かって歩きました。樹海の入口には「命をそまつにせず、困った時にはここに電話を」という

掲示板がありました。富岳風穴分岐にベンチがあり、ここで昼食タイムにしました。そこから樹海の迷路のような

道を野鳥の森パーキングに戻り、西湖温泉いずみの湯に、お風呂で汗を流してから河口湖駅まで送っていただき

ました。富士急もやっとスイカが使えるようになり便利になりました。

 


8月2日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 6名

例会の日程 9月6日(水)・10月4日(水)

山行報告

7月15日(土)〜17日(月)
祝日 根名草山

メンバー 3名

コース  7/15(土) 東武日光駅・・バス・・湯元温泉〜金精峠入口〜金精峠〜念仏平避難小屋(泊)

16日(日) 念仏平避難小屋〜根名草山〜日光沢温泉〜鬼怒沼湿原〜日光沢温泉(宿泊)

17日(月) 日光沢温泉〜加仁湯〜八丁湯〜女夫渕温泉バス停・・バス・・鬼怒川公園〜岩風呂〜蕎麦屋〜

鬼怒川公園・・東武特急・・北千住駅(居酒屋で乾杯)〜解散。

日光湯元に到着して金精峠入口まで歩く。暑くて日差しも強い。Sさん、Aさんに続き暑さにバテながら歩く。

登山口に12時ごろに到着し、昼食をとる。急な山道を登り金精峠に13時着。Aさんの足が痙攣している。

痙攣したAさんの足はなかなか回復せず、ストックを使ってゆっくり歩く。それでも念仏避難小屋に15時40分着。

小屋は先着1名と、その後の二人組、私たちで合計6名の宿泊となる。

小屋は毛布もあり、鍋やフライパンまで置いてあり、掃除道具も揃っているきれいな小屋だった。Sさんのチラシ

寿司と海鮮サラダ、つまみのソーセージなどで腹いっぱいになった。翌16日は根名草山に向かう。この山はSさん

が定年後に初めておとずれた記念の山だそうです。日光沢温泉が近くなったあたりで、Aさんの膝に力が入らず

膝が笑った状態にり、足を滑らせて滑落したがトラロープを掴んで止った。小屋の前で昼食休憩して日光沢温泉に

荷物をあづけてAさんとSさんは加仁湯へ、Nさんは鬼怒沼湿原を見に行った。

その後、3人そろって日光沢温泉の露天風呂に入り、夕飯までゆっくりと贅沢な時間をすごした。翌17日は女夫渕温

泉まで歩き、バスで鬼怒川公園駅に、市営の岩風呂に入り、蕎麦屋で食事してから東武特急で北千住に、






7月5日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 7名

例会の日程 8月2日(水)・9月6日(水)

山行報告

6月25日(日) 赤薙山
(雨で中止)

6月11日(日) 棒ノ折山 

集合は、青梅駅前に8時。 タクシーで上成木に向かいます。

メンバー 4名

コース 上成木〜黒山〜権次入峠〜棒ノ折山〜権次入峠〜岩茸石〜河又〜さわらびの湯

〜バスで飯能駅に、(下山に白谷沢コースを使う予定でしたが、尾根を直進する)

青梅駅前からタクシーで上成木に向かうが、運転手が親切に極指沢沿いの道を岩茸石山登山口まで入ってくれた

が、道間違いで、名栗に向かう道のトンネルの手前を右折してトンネルの上の小沢峠から稜線の登山道に入るのが

正解だった。小さな親切、大きなお世話で、やむなく歩いて上成木まで戻って地元の人に聞く。古い地図ではトンネ

ルの左を登るように記載されていたので、地図は最新のものでないと、変なところで道間違いをするので注意したい。

登山中の小休憩のたびに冷えたマンナンライフのコンニャク畑をMさんが出してくれて美味しかった。ありがとう(^^♪)

あまり人に出会わない静かな尾根道を進み権次入峠に、ここは、さわらびの湯方面から登って来た人がいっぱいで

した。昼食休憩の場所とりのため、急坂をいっきに登ると奥の木陰にTさん、Nさんがいて、そのうちMさんも

登ってきた。山頂は広々していた。木陰に陣取ってNさんにもらった特別限定醸造品のスーパードライを飲みな

がら昼食をとる。集合写真を撮ってから権次入峠に戻り、尾根を岩茸石からさわらびの湯に向かって下山。細かい

砂利が敷かれた急斜面の段差も大きい下山道は歩きにくく、何回も滑りそうになったが1回だけ尻をついてしまう。

靴底がすり減っているので帰ったら買い替えよう。さわらびの湯で入浴して、休憩の後、15時36分の飯能駅行のバス

に乗る。Tさんが下駄箱の鍵が無いと言っていたので、このバスに乗るのを諦めかけたが、着替える前のズボン

のポケットにあり、なんとかセーフ。男性3名は帰りに高田馬場のあいらく亭に久々に立ち寄った。





6月7日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 8名

例会の日程 7月5日(水)・8月2日(水)

山行報告

6月4日(日) クリーンハイク 奥多摩 惣岳山 主催 勤労者山岳連盟   小雨決行


メンバー 7名

コース 沢井駅〜惣岳山〜沢井分岐〜御嶽駅

今日は惣岳山へ沢井駅からバリエーションコースで清掃登山参加はたんぽぽ7人、他も合わせて23名

10時過ぎ自己紹介をして出発。コースがあやふやで、結局途中で御岳駅からのコースに合流して12時15分ころ

到着。結構、凉しいので長袖を羽織る。最近ゴミは少ないが、ゴミ探しの名人もいる。モンテのHさんは、脇道のゴミ

を一杯探して来る。すごい嗅覚だ。Tさんも探すのが上手い。高水三山は人気で人も多い。

23人で記念撮影して13:30下山。御岳駅で重量を量ると15kgを超えていた。

たんぽぽ以外は飲み屋で乾杯。我々は河辺温泉へ向かった。そしてお風呂から出て乾杯(*^^*)

Aさんは心臓手術後の初山行。動悸息切れ、不整脈もなくなったそうで、快調に歩けてよかったです。




5月21日(日) 箱根 明神ヶ岳〜宮城野  

メンバー 3名

コース 大雄山バス停〜道了尊〜明星ヶ岳〜宮城野   

天気は快晴、道了尊から杉林の中の階段を登る。明神ヶ岳見晴らし小屋を過ぎて神明水に着くが水が出ていない。

茅との山道は日光を遮るものがなく、暑い。赤土の登山道は滑りやすく歩きにくい。明神ヶ岳山頂には大勢の登山者

がいた。景色はよく金時山から箱根の外輪山、大涌谷の噴煙も見える。昼食後に下山。明星ヶ岳の鞍部から宮城野

の勘太郎の湯に向かう。

 

その他山行

5/27(土) 中の湯から焼岳・・Wさん他2名。5/28(日) 御岳渓谷・・Mさん、Sさん

6/3(土) 小楢山・・Kさんと元淡歩々山の会のFさん、Iさん、MKさん夫妻。なお、Kさんは5/14(日)に

雲取山、6/4(日)に御座山(おぐらやま)に登る。シャクナゲやイワカガミがきれいだった。

6/3(土) 畦ヶ丸・・4日のクリーンハイクに出られないので、畦ヶ丸を歩いてきました・・Y





5月10日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 10名

例会の日程 6月7日(水)・7月5日(水)

山行報告

5月5日(金) 越生・五大尊のつつじ(一万株)


メンバー 3名

コース 越生駅〜五大尊〜大高取山〜桂木観音〜越生駅

越生駅の集合が8時30分なので、アッキーを待つ。アッキーの代わりにSさんがきたのでビックリ、アッキーの

自宅に電話したら本人が出たのでビックリ、朝起きたら首に激痛が走り、首が回らないので不参加にしてとのこと。

五大尊につくと12種類、一万株のツツジが満開で山の斜面を埋め尽くす。

五大尊の途中から西高取山への登山道が続く。登山道に入ると我々のみで誰もいない静かな山旅となる。

長い急登でみんな無口になりながら大高取山山頂に到着。山頂は東斜面が伐採されて展望が良い。

桂木観音から虚空蔵尊に、ここから越生駅までは道標が不完全なので地図と勘で越生駅に向かった。




5月4日(木)〜5日(金) 南木曽岳

メンバー 6名

行程 5/4 相模湖駅〜飯田IC〜あすき(蕎麦屋)〜スーパーで買い出し〜M邸(お清めの湯)

    5/5 M邸〜南木曽岳登山口〜金時の洞窟手前分岐〜見晴らし台〜南木曽岳〜南木曽岳避難小屋〜

摩利支天〜南木曽岳登山口〜飯田山本IC〜中央道〜相模湖駅   解散。

8時30分に相模湖駅前に集合して飯田のあすき(蕎麦屋)に向かう。FさんはJRで飯田駅に向かう。

MさんがJR飯田駅向かうことになっているが、時間差があるので蕎麦屋での昼食のあと、お清めの湯で時間調整。

その後、M邸に向かい、飯田のスーパー(りんごの里)で購入した野菜を調理してMさんとFさんを待って宴会。

翌日は南木曽岳登山。岩山で急斜面。梯子と鎖場の連続。この山は登山道が左右に分かれていて、左が登山道に

なっていた。南木曽岳山頂は、木々に囲まれて眺望が無いが、バイオトイレのある避難小屋あたりは中央アルプスの

眺望がすばらしかった。下山コースも鎖、梯子の連続で、急斜面で段差があり膝が悲鳴をあげそうなコースだった。

Nさんがバランスを崩して笹の上に倒れこんだりしてヒヤリ。Mさんが冷や汗をかいたり体調が悪そうだったが、

ツムラの68番という漢方薬を飲んだら、下りが絶好調。NさんとKSさんがM邸にもう一泊するということで、

UさんとFさんを相模湖駅まで送って行き。Mさんたちは、お清めの湯に向かった。




4月23日(日) お花見けんちんハイク 大平山 (謙信平) 主催 田端雪稜山岳会

淡歩々山の会・田端雪稜山岳会・モンテローザ山の会・東京緑峰クラブが参加。

コース 大平下駅〜客人神社〜大平山公園〜謙信平〜大平山神社〜冨士浅間神社〜謙信平(交流)〜大平下駅

両毛線の大平下駅は新しく建て替えられて駅前もきれいになっていた。八重桜がきれいに咲き誇る道を大平山登山

口に向かう。登山口の手前にセブンイレブンがあり、買い物に入る人もいた。客人神社の階段から登る。

登りきった景色の良い場所が大平山公園で車が走る舗装路を謙信平に向かい、けんちん汁を作る数名以外は大平

山の山頂に向かう。神社に向かう途中から登山道に入り急登の山道をあえぎながら登ると上には冨士浅間神社が

あり、ここが大平山、標高341mとなっていた。下山は大平山神社を通り謙信平に、けんちん汁も美味しく出来上がり、

けんちんパーティが始まる。景色の良い謙信平に14時までくつろいで、集合写真を撮った後、近くの茶店で打ち上げ

の人と、帰る人に分かれてる。両毛線は1時間に1本なので、15時07分発の小山行きに乗り遅れまいと急いだが、30

分も前に大平下駅に到着。後からゆっくり歩いてきた人たちも間に合ったので急ぐ必要はなかった。

 
 



4月12日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 6名

例会の日程 5月10日(水)・6月7日(水)

山行報告

4月2日(日) 桜山〜七沢森林公園  
お花見山行

メンバー 6名

コース 尼寺バス停〜白山森林公園〜桜山〜白山〜物見峠〜巡礼峠〜七沢公園〜七沢温泉入口バス停。

ほっこりした春の日差しの中を歩けました。桜はまだ早かったですが、こぶし、シヤクナゲ、ミツマタなど、花は

きれいにあちこちで咲いていました。昼食は七沢公園で、Tさんの春の香(きぬさや)味噌汁。なめこにめかぶ

入りの豪華味噌汁でした。アッキーは前半は絶好調。後半はエネルギー不足で無口になった。





3月19日(日) 扇山(1138m)

メンバー 7名

コース 鳥沢駅〜梨ノ木平登山口〜扇山山頂(昼食)〜荻野・犬目分岐〜大野貯水池バス停・・・四方津駅

気温は19度Cと暖かく、汗をかきながら登る。休憩ではWさん手作りの美味しいイチゴ大福をいただく。

富士山は霞がかかり、残念ながら見られませんでした。昼食休憩ではT会長の美味しい味噌汁をいただく。

およそ1時間の休憩後に下山。下り始めはかなり急な坂が続く。先輩達に歩き方を教えてもらい無事に下山。

犬目から舗装路を1時間以上、おしゃべりをしながら歩き、無事に四方津駅に到着。





3月1日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 6名

例会の日程 総会は3月26日(日)・4月12日(水)・5月10日(水)

山行報告

2月19日(日) 陣馬山


メンバー 6名

コース  相模湖駅〜与瀬神社〜大明神山〜明王峠〜奈良子峠〜陣馬山〜一ノ瀬尾根〜陣馬山登山口〜藤野駅

相模湖駅から登ったことがあっただろうか? 下山には使った記憶があるが・・。与瀬神社への線路沿いの細い道は

あまり記憶がない。段差が大きい階段が延々と続き神社の境内にたどりつく。少しして若者の集団が息もきらさず

登ってきた。高校生だという。後を追うようにすぐ出発したが追いつくはずもない。大平小屋跡で休憩する。

林道出合いから明王峠は登りとなる。ここからは高尾〜陣馬縦走コースで歩く人も多い。雪解けで登山道の泥濘も多

くなる。陣馬山の山頂に登った瞬間からからは富士山、三ッ峠、真っ白い南アルプス、特異な形の大岳山など山々が

くっきり見えていた。よく晴れて風もなく暖かい芝生の上での昼食となる。TH会長のめかぶ入りのなめこ汁は美味し

い。下山は、一ノ瀬尾根を陣馬山登山口まで降りたが、バスが行ったばかりなので藤野駅まで歩いた。女性はそのま

ま帰り、男性4名は高尾駅から京王線に乗り高尾山口で下車、極楽湯に入ってから帰る。今回は皆さまから高級なミ

カン類、リンゴや氷砂糖やチョコレートのお菓子、黒蜜で食べるお餅などいただき、美味しかった。(^^)/





2月12日(日) 北区連盟の交流山行  高尾山 うどん山行  主催は東京緑峰クラブ

メンバー 淡歩々山の会は4名。 総勢では21名。

コース 高尾山口駅〜6号路〜高尾山山頂

琵琶滝を過ぎたあたりから、路面が凍結して滑りやすくかなり危険になる。頂上手前の分岐から稲荷山コース

に変更してからはドロドロの道を歩く。紅葉平だったうどんパーティの会場も高尾山山頂に変更、到着は11時25分

ごろ。寒かったが、富士山はきれいに見えていた。頂上を少し移動して日当たりのよい場所にシートを敷く。

から揚げ入りのうどんをいただき、さらに各自が持ち寄ったビール、お酒、焼酎などを飲んで盛り上がった。1時間ほ

どすると、日が陰り寒くなってきた。全員で集合写真を撮ってから、淡歩々山の会の4名以外は1号路から飲み会に直

行。我々4名は稲荷山コースから下山。14時30分に高尾山口駅前温泉に到着、のんびり温まってから帰路につく。

 



2月1日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 8名

例会の日程 3月1日(水)・総会は3月26日(日)・4月12日(水)・・なお、総会はいつもの南千住駅前ふれあい館です。

山行報告

2017年1月28日(土)〜29日(日) 新年山行 三条の湯〜雲取山  


メンバー 5名

コース 1/28 お祭〜三条の湯  (三条の湯 TEL 0428-88-0616) テント泊

1/29 三条の湯〜雲取山〜鴨沢・・・バス・・奥多摩駅。

お天気がよくて、暖かかった。テント泊は楽しかったが、NMさんが体調不良で来られなかったのは残念。

雲取山は雪がシャーベット状になり、下が凍っているので悪雪状態だった。三条の湯までは楽すぎたので、

それからの登りが大変。下山も16時03分のバスに向かい急いだが、KYさんが足を痛めて遅れたので、

THさんとKYさんは18時ごろの次のバスに乗る。






1月15日(日) 武蔵丘陵森林公園 (武蔵丘陵森林公園は、304haの広大な国立公園です)

メンバー  3名

コース 森林公園南口〜中央口〜北展望台〜森林公園南口 

広大な武蔵丘陵森林公園をのんびり歩いてきました。穴場を巡ってきたので歩行距離は多かったと思います。

梅や蝋梅を見ながらの散策で標高の一番高い展望台から引き返しました。




1月15日(日) 高取山から仏果山 

メンバー 2名

コース 野外センター前〜愛川ふれあいの村〜高取山登山口〜高取山〜仏果山〜分岐〜土山峠。

新宿駅でMさんからNMさんが手作りのお饅頭をいただいたという。あまりにもよくできているので、買ってきたみた

いだ。野外センター前で我々の他に2組の登山者が(女性2名と男性2名) 下車して愛川ふれあいの村近くの登山口

に向かう。第2駐車場から愛川ふれあいの村に入り、そのまま奥に進む。炊事棟の先に登山口があった。

右足の膝の状態が悪く、恐る恐る登り鹿柵の入口を通過して林道に出る。林道の向かい側に登山道があり、さらに

進むと林道の終点に出た。急斜面の後はなだらかな道が続く、後ろから男性2名がせまってくる。野外センター前で

降りた二人だ。膝の状態が悪いため、のろのろ歩いているのに、まだこんなところにいたのか・・。まもなく高取山山

頂には一登りの場所だ。高取山を通過して仏果山に向かう。仏果山で昼食後にお饅頭を美味い、美味いと食べてい

たら、女性の二人組も到着。我々とは別の登山口から登ったそうだ。それでみんな遅かったのかと納得。仏果山から

土山峠に向かうには、両側が切れ落ちた痩せ尾根を歩くことになる。片方の膝に故障があるとバランスがとりにくいの

で、こういう場所の通過は怖い。なんとか通過して土山峠に向かい、13時56分のバスで別所の湯に向かった。







1月11日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 9名

例会の日程 2月1日(水)・3月1日(水)・総会は3月26日(日)