最新版

2016年度・山行   例会の会場案内図

淡歩々山の会 創立50周年の一環で、東京近郊の1000m以上の山を50山を目指して活動しました。

本仁田山・チクマ山・笙ノ岩山・蕎麦粒山・酉谷山・大栗山・坊主山・水松山・天租山・鋸山・鞘口山・御前山・

惣岳山・三頭山・大沢山・槇寄山・七ッ石山・小雲取山・雲取山・川乗山・エビ小屋山・高丸山・日影名栗山・

鷹ノ巣山・水根山・城山・六ッ石山・狩倉山・三ノ木戸山・一石山・人形山・金袋山・大岳山・鍋割山・丸山・

三ッ峠山・茶臼山・大幡山・蕨山・高妻山・丹沢山・鍋割山・大山・飯豊山・恵那山・至仏山・瑞牆山・巻機山・

足和田山・風越山・御坂山・烏尾山


山行報告

12月10日(土) 忘年山行 奥多摩 雷電山〜三方山


メンバー 6名

コース 軍畑駅〜榎峠〜雷電山〜三方山〜矢倉台〜青梅駅・・河辺駅前の梅の湯で入浴・・拝島駅から

西武新宿線で高田馬場駅にでて、「あいらく亭」に向かう。

フルマラソンのメンバーは強い。かなり遅れてADさん、MMさん、YMと続く。でもこの速さはふつうだと思う。

鉄道公園方面の分岐あたりの日当たりのよい場所で昼食なする。いつもの会長の味噌汁が美味しい。鉄道

公園に向かう途中の登り坂でADさんが倒れる。とっさにKYさんが駆けつける。ケガはなかったようだ。

倒れた瞬間を本人が覚えてないという。しばらくの間、ザックは余裕のあるNMさんが持ち歩くことになった。

その後、河辺温泉で湯につかりながら聞いてみたが、不整脈があり、薬を飲んでいるということだった。なお、

河辺温泉でSSさんと合流した。




忘年会  高田馬場の「あいらく亭」にて

メンバー 15名。TMさんが池袋での忘年会のあと9時30分ごろにかけつけてくれる。





12月7日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 4名


第5回富士山マラソンの報告

フルマラソンのメンバー TH・KY・UD・NM 10kmのファンランのメンバー SY・YM

3日前の大雪で開催すらあやぶまれ、河口湖の積雪22cm。THさんの別荘まで行くことすらできないのでは、

などの心配もありましたが、雨の天気予報も覆し、とても良い天気のもと開催されました。

何とか、THさんのスタッドレスタイヤを装着した車で、山荘まで無事にたどりつき、みんなで雪かきして駐車

スペースをつくりました。翌朝の7時30分には雨もあがり、9時のスタートラインに立った時には太陽も顔を出し

午前中は晴れで、サングラスが役にたちました。応援にUDさんの友人のMNさんも来て、全員が完走。

ファンルランの2名は先に帰路に、フルマラソンのメンバーとMNさんは山荘にひきあげて、打ち上げの鍋パー

ティ。美味しい日本酒、ワイン、ビールと具たくさんの寄せ鍋でおおいに盛り上がりました。





山行報告

11月27日(日)モンテローザ主催 交流山行  今倉山から 二十六夜山  
雨のため中止


11月13日(日) 労山北区連盟の安全登山講習会 

講師は、日本山岳ガイド協会認定、国際ガイトの熊田光治さんです。

場所は、武蔵五日市駅から、上養沢行きの西東京バスに乗車して、秋川国際マス釣場近くにある曽利郷橋

バス停で下車して、西面を少し登った「天王岩」です。本日の講師である熊田先生ほかスタッフ数名がすでに

現場で準備を完了して私たちを待っていました。参加者は講師を含めて19名。10時から講習会に先立って、

全員の自己紹介と、講師の挨拶のあと講習を開始しました。全員に配られたテキストにしたがって、各人に渡

された3mのロープを使用して、結び方(ノット、ヒッチ、ベント)を繰り返し習いました。慣れない人もいて、講師が

手を添えて教える場面も見られました。続いては、ロープとロープをつなぐ結び方に移り、その応用として、カラ

ビナやスリングを絡めた結び方を習いました。昼食をはさんで、懸垂下降の器具のセット説明や、木に括りつけ

たロープとハーネスをつないだ下降の練習を行いました。最後は、岩場から懸垂下降をする訓練を実施、3名が

先ほど習った結び方にしたがい、15mほどの岩場を無事に下降しました。講習会は15時前に終わり、これから

も安全登山を大前提に、交流山行や各会の山行に役立てる講習会を開催していくことを確認しました。

(写真は天王岩)



11月6日(日) 三浦アルプス 安針塚から二子山

メンバー 6名

コース 安針塚駅〜三浦按針の墓〜畠山〜乳頭山〜馬頭観音〜上二子山分岐〜砲台道

〜南郷交差点〜川久保交差点〜夕凪亭(打ち上げ)〜桜山トンネル〜京急新逗子駅。

* 今回は三浦半島に住む特別参加のKMさんの参加で安針塚駅からエレベーターで上の道路に上がったり

十三峠から最初の人家にでる道を通ったりの新しいルートを教えてもらう。最初の人家から横浜横須賀道路

の下をくぐり急な登りを畠山まで歩き、分岐まで戻ってアップダウンのきつい道を乳頭山まで歩いた。STさん

が左ひざが悲鳴をあげそうだということで、比較的アップダウンの少ない二子山自然歩道を東逗子駅に向かっ

て歩くことにした。馬頭観音を過ぎて昼食の休憩場所を探したら、地図上に二子山分岐から二子山方面に少し

向かった場所に広場の表示があり、二子山方面に向かったが、広場らしいものはなく南郷上ノ山公園の砲台

道に出てしまった。砲台道を歩いていると左上にあづまやがあり、日当たりもよく風もないので、昼食休憩する。

TH会長の作るなめこ汁は美味しい。WBさんからは甘い柿の実、KMさんが煮た里芋もやわらかくて美味。

南郷上ノ山公園を通り抜けて南郷交差点に、川久保交差点の先に北上する舗装路があり、舗装路に入った

すぐ先の左側にKMさん推薦の洋風レストラン夕凪亭があった。ビールやクリーあんみつ、サラダなど各自、

好きなものを注文して打ち上げ(飲めない人もいるので・・) 桜山トンネルを通り新逗子駅に、





11月2日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 7名

山行報告

10月22日(土) 富士山のお中道   
中止しました。


労山 北区連盟 淡歩々山の会主催 おでん山行

10月16日(日)権現山〜弘法山


メンバー 淡歩々山の会 13名・・・・・他 モンテローザ、田端雪稜、東京緑峰クラブで合計30名ほど

コース 秦野駅〜弘法山登山口〜権現山〜(昼食・おでんパーティ)〜弘法山〜吾妻山〜鶴巻温泉駅

* 小田急線が人身事故でストップ。秦野駅9時集合の予定が、集合できたのは9時50分ごろで、

自己紹介を省略して弘法山登山口に向かう。権現山を通過、見晴らし台から少し下がったバスが駐車して

いる駐車場の一画にブルーシートが敷かれていた。聞けばT会長一人でおでんの準備をしていたという。

出発が遅れたわりには、おでんパーティの会場には意外に早く到着、11時30分ごろから淡歩々山の会の

メンバーが、紙皿におでんを盛って皆さんに配る事が出来た。冷えた缶ビール(スーパードライ)も配って

みんなで乾杯。和気あいあい、雑談に花が咲く時間が過ぎていく。2本目の缶ビールや個人がもってきた

日本酒などの酒類もまわってきた。13時ごろにはすでに出来上がり、帰る準備がはじまる。

おでんパーティの会場から弘法山は登りになる。鶴巻温泉駅まではアップダウンが多く、思ったより長い。

 

 


10月5日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 4名

* JWAF 日本勤労者山岳連盟の新しい会員証が配布されました。

山行報告

9月22日(木)〜24日(土)   高妻山 
弥勒新道経由(新登山道)

メンバー  2名

9/22(木)バスタ新宿〜長野「油や」蕎麦屋さんで昼食。西友で買い出しをしてバスで戸隠キャンプ場に、

テント設営し、夕飯は「寄せ鍋」

9/23(金)テント場〜新登山口(弥勒新道)〜六弥勒〜高妻山〜十阿弥陀〜九至勢〜八薬師〜七観音

〜六弥勒〜戸隠牧場入口〜キャンプ場。宿に連絡して送迎。ヒュッテ「ハニカム」泊まり

9/24(土)ヒュッテ「ハニカム」〜戸隠中社参拝の後、バスで帰省。

牛と馬に会う以外、人とはまったく出会わない静かな山行になりました。

出発の9/22(木)は朝から土砂降り、バスに乗ってまもなく雨は小降りに、途中で止んだ雨も長野に着いたら

また降りだす。キャンプ場のテントは一張り1000円。夕方には雨も上がっている。夕飯の寄せ鍋は、鶏、魚、

豆腐、野菜、つみれと具材も豊富でとても美味しかった。Sさんの調理は毎度手際よく素晴らしい。

高妻山の登りは霧の中、雨が無かったのが幸いした。弥勒新道の入口の川は増水していたので渡渉した。

山頂には10時55分着、約5時間かかった。昼食後、11時30分に下山開始、雨が降り始め傘をさしながら下山、

足元注意だ。途中でがけ崩れのような爆音を耳にした。このコースは熊の通り道だとヒュッテ「ハニカム」の御

主人に聞いてビックリ、熊のことはまったく気にしてなかった。

 
 


9月11日(日) 奥多摩 鉄五郎新道

メンバー 9名

横浜は土砂降りの雨だった。「楽しみにしてましたが、残念、雨ですね」のメールに対して、「奥多摩は降って

ませんよ、決行です」え・・と思ったが、今日は雨は降らなかった。

鉄五郎新道は、通常は古里駅から寸庭橋を渡って金毘羅神社に向かうが、2009年の8月と2010年の5月に、

ロープとカラビナによる下降訓練を越沢バットレスキャンプ場で行ったことがあり、その時に金毘羅神社に登る

近道をNさんが記憶していてこのコースを選んだと思う。

登山道は濡れて滑りやすくなっていた。やぶ漕ぎのような道を進み以前に集合写真を写した広場に出る。

沢を渡れるように簡単な橋がかけられている。橋を渡って少し登ってみたが、すぐに道が不明瞭になった。

ジグザグに作られた登山道は豪雨で崩落してしまったのかもしれない。戻って越沢バットレスキャンプ場の滝

見コース(上部に登れる鎖場あり)に向かったが、足場が悪そうなので林道に戻り、大楢峠に向かった。林道

の終点が登山道の始まりとなる。記憶ではもっと楽に歩けるはずが、意外に時間がかった。

大楢峠には、同じく鳩ノ巣から登ってきたハイキングのグループがいたが、すぐに御岳方面に出て行った。

11時30分も過ぎていたので、ここで昼食にする。大楢峠から御岳方面に向かうのは初めてだ。この逆はあっ

たが。御岳山神社で集合写真を写してから御岳ケーブルに向かう。バスに乗り御嶽駅に、河辺駅前温泉で

入浴。ビールで乾杯。

 
 


9月7日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 7名

山行報告

8月11日(木)
(祝日)蕨山  山の日が制定後の記念山行です。

メンバー 5名

コース 名郷〜蕨山〜藤棚山〜大ヨケノ頭〜金毘羅山〜金毘羅神社〜さわらびの湯

飯能駅の改札口を出たら、警察、消防、記者の方が、何人もいて登山者に声をかけていました。

緊急時のホイッスル、埼玉のマスコット「コバトン」と書いた笛、「遭難しないための山登りガイド」、

「熊に注意」「夏季登山の注意点」などたくさん配っていました。8時30分のバスにMさんがぎりぎりで間に合

い、5人全員が無事に出発して名郷に向かう。

名郷バス停から川を渡り、石ころの林道をゆっくり上がる。昨日までの暑さと違い、曇りがちなので和らいで

いる。登山道に入ると結構な急斜面が続く。岩場もあり、ロープもありですが、ロープを頼らずに登る。

休憩時にSさんからシャインマスカットをいただく。甘くて美味しかった。次の休憩では持参した梨をみんな

でわけてもらった。12時前に蕨山山頂に到着。Aさんの汗の量は半端なくずぶ濡れ状態だった。

山頂はわれわれ5人の貸し切り状態。そんな時にトレランの人が走ってきたので集合写真を撮ってもらう。

食事をしているとバイクの音がして、山頂近くまで林道が通っているので、山の日なので山頂をめざしたと

言う。12時45分に山頂を出て、藤棚山〜大ヨケノ頭〜金毘羅山と歩き、さわらびの湯には15時ごろに到着。

下山後には、高田馬場のあいらく亭に立ち寄り、美味しい料理で乾杯。





8月6日(土)〜7日(日) 高橋山荘に泊まり夏山山行(御坂黒岳と竜ヶ岳)

メンバー 5名

コース 相模湖駅・・天下茶屋〜御坂山〜旧御坂峠〜天下茶屋・・お風呂・・買い物・・高橋山荘

旧御坂峠で昼食に、御坂黒岳までは遠いので引き返してお風呂(西湖 いづみの湯)に、高橋山荘で

乾杯。8月7日(日)高橋山荘・・登山口〜あずま屋〜竜ヶ岳〜登山口・・お風呂・・河口湖駅

Sさんだけ調子が悪かった。お腹が痛い、食あたりらしい。調子がもどったら登りは早かった。

山頂一面に笹が伸びていた。富士に少し雲がかかっていたが、展望は抜群だった。

 



8月3日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 7名

山行報告

7月16日(土)〜18日(月)  恵那山


メンバー 6名

伊賀良バスターミナル(りんごの里)にてMさん・Uさんと合流。渋滞のため、約1時間遅れの14時20分

に到着。おきよめの湯に入り、M邸でスキヤキパーティ。

7/17(日) M邸を5時に出て、コンビニに立ち寄ってから広河原登山口手前の駐車場に。  

コース 駐車場〜広河原登山口〜1716地点〜恵那山稜線〜恵那山(スイカ食べる)〜恵那山稜線〜1716地点

〜広河原登山口〜駐車場。その後、昼神温泉で入浴してからFさんを伊賀良バス停まで送り、買い出し

残る5人はM邸にもどりすき焼きや冷やし中華で乾杯。

大きなスイカをUさんが山頂まで運び、みんなで昼食がわりに食べました。途中は雨が降ったりやんだり、

適度なシャワーの変わりになって涼しかった。山頂に着いたときは雨はやんでいた。

前夜の土曜日は、6人で大もりあがり、Mさん差し入れの馬刺しと信州サーモンという豪華メニュー、お酒も

喜久水という地元の銘酒を用意。Fさんはスパーリングワインを持参。Uさんからはメロンに手作りのブルーベリ

ーパイをいただきました。






7月6日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 9名

例会の日程  8月3日(水)・9月7日(水)

* 富士山マラソンが11月27日(日)に開催されます。(コースは、河口湖と西湖の周回です)

ファンランの10kmとフルマラソンの42.195kmがあります。

参加予定メンバーは、6名


山行報告

6月19日(日)三ッ峠山


メンバー 8名(男性5・女性3)     

コース 河口湖駅・・車・・三ッ峠登山口〜木無山〜開運山〜御巣鷹山〜大幡八丁峠〜林道〜三ッ峠登山口

Y車は相模湖駅で女性3名を乗せて河口湖インターに向かう。昨日から山荘に泊まっている男性4名の乗る

T車とスバルライン入口で待ち合わせして三ッ峠登山口に向かう。御坂トンネルの手前を右折して山の中に

向かう。登山口は車を停められそうな場所がほとんど無いくらいだったが、なんとか2台停めることができた。

リーダーのAさんが快調に登って行く。以前より少しやせたと言っていた。汗もあまりかいていないようだ。

三ッ峠山は、開運山、木無山、御巣鷹山を合わせて三ッ峠山という。最高峰の開運山(1785m)から御巣鷹山

に向かい、急斜面を降りる。年配の地元だというおじさんが登ってきた。清八峠に向かう尾根はアップダウン

が多い。茶臼山の標識は小さな板切れにへたな字で書きこんだ粗末なものだったが、大幡山の標識は山の

会の何周年とかの立派なものだった。淡歩々でも50周年記念の標識を山に立ててしまおうかとの冗談もとび

だす。大幡八丁峠から清八林道を登山口まで戻った。






6月5日(日)  北区連盟のクリーンハイク 三室山

メンバー 6名       他、田端・モンテ・緑峰が14名で合計20名参加。

昨夜からの雨、予報も雨のち曇りでした。新宿発8時19分のホリデー快速もいつも登山客でにぎわうが、

今朝は少ない。青梅で乗り換えて二俣尾駅に着く。曇りがちだが雨は降っていない。

愛宕神社の石段を上がり神社の左手を行くと本格的な登山道に入る。それまでの道路ではタバコの吸い殻

やゴミが多かったが、登山道に入るとゴミは少ない。愛宕神社の奥社に12時ごろ到着してお弁当を食べる。

下山は梅の木が無くなった梅の公園に、ゴミは全員でちょうど10Kgだった。予想した雨も降らず、さわやかな

清掃登山でした。

 


個人の報告

6月4日(土) 丹沢表尾根・二俣から大倉尾根


コース @ ヤビツ峠〜三ノ塔〜表尾根〜塔ノ岳〜大倉尾根〜大倉・・・M

コース A 大倉〜西山林道〜二俣〜大倉尾根〜塔ノ岳〜大倉尾根〜大倉・・・Y

二俣から堀山の家に登り、大倉尾根を塔ノ岳に向かう。13時にMさんと出会う。山頂はすぐそこだった。

山頂の写真を撮り、13時15分に下山開始。Mさんのことは忘れていた。最後の階段を下りて見晴らし茶屋

を通り過ぎて分かれ道を左に降りて前を見るとMさんがいた。えっまだいたの・・と話しかけてから雑談をしな

がら歩き、100円の自動販売機のところで別れた。大倉のバス停にいなかったので、出ていくバスに乗ったの

だろう。汗臭いタオルを水道で洗い顔を拭いてから駐車場に向かった。



その他の報告

6月18日(土) 西武秩父駅から観音山・・・UさんとSさん  石段が延々と、石地蔵が何千体も



6月1日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 6名

その他、個人の計画

6/4(土) 丹沢、表尾根・・M。6/4(土) 丹沢、三ノ塔・・Y。 6/2(木) 御座山(おぐらやま)・・K


山行報告

5月21日(土) 大霧山


メンバー 2名

コース 定峰〜旧定峰峠〜大霧山〜粥新田峠〜橋場・・・パトリシア小川で入浴・・・小川町駅

西武秩父駅に8時20分に集合。特急はのりごこちがいい。8時32分発の定峰行きのバスに乗車。

大霧山までは人に会わない静かな山だったが、大霧山でいきなり人が増える。景色は良くなかったが

武甲山だけはよく見えていた。橋場でバスを1時間待ったがバスは満員。パトリシア小川で入浴。


5月14日(土) 岩殿山

メンバー 4名

コース 大月駅〜登山口〜岩殿山〜筑坂峠〜天神山〜稚児落し〜吊り橋〜浅利〜子安神社〜橋倉〜

上真木〜真木温泉〜下真木〜八幡荘(入浴)

カラッと晴れた新緑の休日ハイキング。低山でも起伏に富んだ岩殿山から稚児落しを歩き、初狩の八幡荘

で、お風呂に入り、美味しいビールを飲み、乾杯と談笑。楽しくてよい運動になりました。

登山口から岩殿山までは急坂の階段が続き、汗だくで息切れがする。眺めはよく雲に隠れた富士山が少し

だけ顔を出す。634mの山頂から戻る形で稚児落しに向かう。鎖場は短いが本格的な上りで腕力がいる。

稚児落しは、立ち上がるだけで震えがくるほどの絶壁だった。

 

 

その他 山行報告

5/14(土) 大菩薩 ・・・K。5/22(日) 雁ヶ腹摺山 ツツジがきれい・・・K

5/29(日) 湯舟山〜明神峠・・K

5/21(土) 西丹沢 檜洞丸〜石棚山稜 (白ヤシオが満開)・・・Y




5月11日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 8名

例会の日程 6月1日(水)・7月6日(水)

見学のSさんは、以前に淡歩々山の会の会員だった人で、元会長も記憶にないぐらい

昔に、学生だったころの会員だった。


山行報告

5月7日(土) 今熊山〜金剛の滝


メンバー 2名

コース 武蔵五日市駅〜今熊山登山口〜正福寺〜展望台〜今熊山〜金剛の滝〜小峰園分岐〜

馬頭観音〜小峰園入口〜武蔵五日市駅

今熊山には階段状のやや急な登りで、展望台にはトイレがあった。金剛の滝へはやや急な下りで右側が

切れ落ちていた。馬頭観音から小峰園入口へは階段状の長い下りが続いた。




5月3日(火)〜4日(水) 雲取山 テント山行 4日が大荒れの天気のため中止


5月1日(日) 浅間尾根

メンバー 8名

コース 浅間尾根登山口〜稜線〜人里分岐〜浅間嶺〜時坂峠〜払沢の滝駐車場・・・バスで武蔵五日市駅

天気もよく、絶好のハイキング日和でした。払沢の滝駐車場に下山。バスがすぐ来たので早く帰れました。

 


4月30日(土)〜5月2日(月) 天龍村のM邸と風越山

メンバー 5名

* 私は、1日遅れの5/1から参加のため新東名高速道を浜松いなさJCTから三遠南信自動車道を

走り、R151号を北上してM邸近くのお清めの湯に向かった。M邸は初めてなので、ここで風越山

からの下山を待つことにした。テレビで北島三郎の馬が優勝したころに4名がお風呂に入りにきて合流。

今回は、3月に胃がんの手術を終えてリハビリ中のMさんの快気祝いを兼ねた風越山のリハビリ登山と

いうことだったが、遅ればせながらスリムになったMさんと祝杯をあげられて良かった。夕食後に、U

さんが、暗くなってから静岡に帰っていった。今日走ってきたところだが、昔は大変な道だったと言っていた

ので、その当時から走っていたとは驚きだった。2時間ほどして無事に自宅に着いたとの連絡があった。

* 風越山の標高は1535mで、登山口からの高低差は930mほどあるが、歩いてみると道幅も勾配もゆるやか

で、歩きやすいコースでした。広場のような山頂で飯田市の女性二人がガスコンロと大きなポットで昼食。隣

では、ボッカ訓練の男性が25kgの荷物を運んできて、夏には塩見岳途中の三伏小屋のボッカをやるそうです。

そのお隣では焼肉パーティをやっていました。今回はMさんの体力が心配でしたが、順調に登って、食事も

美味しくいただけたということでした。

5/2は、園原インター(名古屋方面からしか使えないとの注意書きあり)の横を通り。花桃の里を通過して

恵那山の広河原登山口に向かおうとしたが、交通規制にあって戻って昼神温泉に立ち寄ってからJAのスー

パー りんごの里で野菜を購入して、近くの飯田インターから中央道に乗った。相模湖インターで降りて

二人を相模湖駅で下して厚木経由で自宅に戻った。









4月24日(日) 南山〜雨乞山

メンバー 4名

コース 橋本駅・・バス・・鳥居原館〜送電鉄塔〜権現平展望台〜南山〜送電鉄塔〜清正光入口〜

雨乞山〜明日原〜根小屋バス停・・バス・・橋本駅

午前中は曇りで時々霧雨。午後になって徐々に天気は回復した。新緑がきれい。会長の味噌汁が

美味しかった。

 

4月17日(日) けんちん山行 槇寄山・・・雨のため中止



4月13日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 10名と見学1名



4月4日(月) 第27期 北区連盟定期総会の報告  板橋の松月にて19時〜

2015年度 北区連盟 活動報告

4月12日(日) けんちん山行 日和田山 参加28名・・・田端雪稜山岳会主催

6月7日(日) クリーンハイク 要害山  参加21名・・・北区連盟主催

10月18日(日) おでん山行 矢倉岳   参加29名・・・淡歩々山の会主催

11月8日(日) 安全山行のための講習会 日暮里ひろば館 参加18名・・・北区連盟主催

12月6日(日) 交流山行   高川山   参加21名・・・モンテローザ山の会主催

2月14日(日) 交流山行 能岳・八重山  雨天のため中止・・・東京緑峰クラブ主催

2015年度の決算報告

全国連盟費 130円×会員登録数×12か月+300円×団体数×12か月

東京都連費 70円×会員登録数×12か月+300円×団体数×12か月

北区連盟費 25円×会員登録数×12か月+600円

北区連盟の予算は304951円のうち、全国連盟と都連盟費が237600円を引いた67351円で、

通信費・事務費・会議費・活動費・強化費・予備費に42864円を使い、雑収入もあり26787円

次年度に繰り越した。

2016年度の活動計画

4月17日(日) けんちん山行 槇寄山・・・田端雪稜山岳会主催

6月5日(日)クリーンハイク 三室山・・・北区連盟主催

10月16日(日) おでん山行      ・・・淡歩々山の会主催

11月27日(日) 交流山行       ・・・モンテローザ山の会主催

2月12日(日)交流山行       ・・・東京緑峰クラブ主催

2016年度の会員数  

モンテローザ山の会 26名  田端雪稜山岳会 16名  淡歩々山の会 27名  東京緑峰クラブ 9名



3月27日(日) 定期総会の報告

メンバー 20名

12時15分に「南千住駅前ふれあい館」の3階和室に入り、創立50周年の記念誌の表紙を含めた5枚の写真

と山行記録との合体作業に入り、会員の協力により13時までにまにあわせた。

会長よる2015年度の活動報告のあと、会計担当により会計報告があり前年度繰り越し金627510円、

収入195359円で合計822869円。支出347202円で次年度繰越金475667円。労山遭難対策基金の預り金が

128800円で、50周年記念の費用として、民宿やまみちの宴会・宿泊費が176950円、記念品が47455円、功労

者記念品22524円、記念誌作成代27690円で合計274619円であった。

労山交流山行は、4月17日(日) 槇寄山・6月5日(日)クリーンハイク・10月16日(日) おでん山行・11月と2月。

労山会費 2700円/年 淡歩々山の会会費/年 4800円 遭難対策基金 5000円で、合計12500円

淡々山の会の年会費は4800円ですが、遠隔地の方は2000円です。

装備についてダンロップの3〜4人用については破棄する。ホッチキスの会誌用の古いものは破棄扱いと

して、新たに購入したMAXのHD3DLを会の装備とする。

淡歩々山の会 創立50周年の一環で、奥多摩の1000m以上の山を50山を目指して活動中だが、

現在35座で、あとは行きにくい山ばかり残ってしまったが、山行計画をするときに気にかけていきたい。

 

           


山行報告

3月13日(日)高水三山


メンバー 7名

軍畑駅に7名が集合して高水山に向かう。急な階段を登り、急坂を登って一休みしたところ、木々に降った

雪が解けて水がしたたり落ちている。さらに進むと周りにも雪が出てきた。昨日降ったのだろうか。

高水山の手前のお寺(常福院)の梅の花に雪がかぶってきれいなので集合写真を写してみた。登山道は

泥濘のような状態で、歩き方でズボンが泥だられになるので気をつけているつもりだが、けっこう裾が汚れる。

標高759mの高水山は通過して岩茸石山(793m)で昼食にした。Tさんの作るナメコ汁に舌鼓をうつ。美味し

く、体も温まる。惣岳山(758m)の手前は岩登りになる。山頂には神社が祭られている。御嶽駅までの下山道

を滑らないように注意しながら降りた。靴は泥で汚れたので駅前で泥を落として電車に乗った。3名と別れて

4名が河辺駅で下車して駅前の河辺温泉に、

 

 


3月2日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 8名

2月28日(日)東京マラソンの報告

第10回東京マラソンに参加・・NMさん

無事完走し、自己新記録を達成しました。これまでの記録は4時間39分台だったのですが、足の痙攣や

膝痛などで思うように最後まで走れず、途中で歩くこともあり記録の更新は無理でおちこむこともありました。

今回も風邪から副鼻腔炎を患い走れずに悶々とした日々をおくり、何とか大会までの4日間で42kmほど

走り、練習の自己満足までもっていかれました。本番では4時間37分41秒で自己記録を2分短縮して完走。

感激と勇気を得ることができました。山の仲間のSKさんとYMさんの応援も心強かったです。

コースは、都庁〜歌舞伎町〜外堀通り〜飯田橋〜竹橋〜皇居内堀通り〜日比谷公園〜東京タワー〜

芝の増上寺前〜品川〜折り返し〜銀座四丁目〜日本橋〜浅草〜折り返し〜銀座〜歌舞伎座〜築地〜

有明で、コースが素晴らしかった。

スタート                      品川
 

浅草                有明  ゴール
 


山行報告

2月21日(日)大野山


メンバー 11名

コース 谷峨駅〜大野山〜大野山入口〜山北駅 (希望者のみ、さくらの湯に)

小田急線の新松田駅から御殿場線の松田駅に乗りかえる。スイカが使えないので切符を購入。

谷峨駅で下車、車掌さんが出てきて切符を回収している。大野山には酒匂川の鉄橋を渡り旧道を左に

進んで右に上がる舗装路を進むと左側に登山道がある。富士の南側から大量の雲が押し寄せてきれいな

富士は写せそうもない、高度があがるにつれ景色もよく日があたり暑い。とても2月とは思えない。

山頂からは西丹沢の大室山や檜洞丸、同角山稜もくっきり見えていた。

 

 

2月11日(木)祝日 奥多摩 勝峰山・・・この山行は、担当者より中止の連絡がありました。

2月14日(日) 能岳&八重山 うどん山行・・雨のため中止されました。


2月3日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 6名

山行報告

1月23日(土)〜24日(日) 丹沢山(塔ノ岳〜丹沢山〜塔ノ岳〜鍋割山)


メンバー 4名

当初の参加者が8名でしたが、近年にない寒さと大荒れとの予報と風邪でダウンの人もいて、4名に

なりました。予報どうり寒さはきびしかったですが、晴天にめぐまれて素晴らしい冬山山行が出来て全員

大喜びでした。特に初めての冬山体験のLさんは、たくさんの写真を撮っておおはしゃぎでした。

計画では、蛭ヶ岳から東野に下山してバスでやまなみ温泉に行く予定でしたが、予約予定の8人乗りバス

が雪で動かない可能性もあり、蛭ヶ岳手前の不動ノ頭から先はトレースも無い状態とかでルート変更。

塔ノ岳に戻り、鍋割山で鍋焼うどんを食べて帰るという計画です。

登りでは、駒止茶屋付近でアイゼンを装着、雪で歩きにくいものの昼食休憩をいれても4時間で塔ノ岳山頂

に、ここからは雪がさらに深くなり慎重に歩き丹沢山のみやま山荘に15時すぎに到着。丹沢山の積雪は

50〜60cmぐらいあり、朝の出発時は氷点下12度でした。小屋では60歳を過ぎたリタイヤ組の3人の方と話

がはずみ、高田馬場で3人が集まって山の計画や反省会を行っているということでした。

18時30分ごろに到着した20歳代の若者5人組がいて、小屋の方に叱られていました。バイクで戸沢まで来て

11時ごろ政治郎尾根から登ったようですが、塔ノ岳山頂は吹きっさらしでものすごく寒い。到着が18時30分

では遅すぎます。ひとつ間違うと遭難もありえるので、小屋の人が怒るのも無理はないと思いました。

 

 

1月17日(日)景信山

メンバー 3名

集合はJR高尾駅北口に8時20分。8時32分の小仏行きのバスに乗車して大下バス停下車。

コース 大下バス停〜下小沢林道〜景信山(昼食)〜小仏峠〜城山〜もみじ台〜高尾山〜稲荷山〜

京王線 高尾山口駅 (駅前の極楽湯に入り、高田馬場のあいらく亭に)

良い天気で、日だまりハイキングでした。今夜から雪になるとか・・。

 

1月16日(土) 丸山〜土俵岳

メンバー 3名

コース 上野原駅・・日寄橋バス停〜丸山〜土俵岳〜浅間峠〜上川乗バス停・・武蔵五日市駅

上野原駅発8時28分のバスで日寄橋バス停に、登山口を示す標識もなく舗装路を適当に歩いて行くと、

丸山に1時間30分と書いた標識に出会う。登山道は急登でほとんど歩かれてないようだ。

丸山は標識が無ければ山頂とは気が付かないほどでした。丸山と土俵岳の間は、大きなアップダウンが

ありました。浅間峠の手前の日だまりで、Tさんの味噌汁を御馳走になりながら昼食にしました。

浅間峠でバス時間の調整をしたが、それでも上川乗バス停に40分ぐらい前に到着しました。バス停付近

には、新しくきれいな水洗トイレが出来ていました。

 


1月6日(水) 例会報告 日暮里ひろば館 303洋室 PM7:30〜

メンバー 10名