最新版

2013年度山行   例会の会場案内図

ライン

大山〜鐘ヶ岳・三ノ塔・日向山・本仁田山・丹沢表尾根・大月から高川山・棒ノ折山・倉掛山・大朝日岳

塔ノ岳〜鍋割山・峰の松目〜稲子岳・水晶岳〜鷲羽山・景信山・毛無山と鬼ヶ岳・富士山・北岳・

倉岳山〜高畑山・三室山クリーンハイク・檜洞丸・大菩薩と大蔵高丸〜滝子山・丸茅尾根・丹沢表尾根

戸倉城跡・塔ノ岳・三浦アルプス・景信山・塔ノ岳〜鍋割山・丹沢山・高水三山沼沢尾根


12月29日(日)
大山&鐘ヶ岳のバリエーションの下見に、

メンバー 4名

コース 蓑毛〜蓑毛越〜阿夫利神社下社〜大山山頂〜唐沢峠〜不動尻〜鐘ヶ岳〜北尾根〜別所温泉

蓑毛越から阿夫利神社下社までは、尾根を廻り込む高低差の無い道で下社から山頂までの道は段差の

ある石の道で歩きにくい。上の方は雪があり、踏み固められてアイスバン状態。滑り止めがほしい。

大山山頂で食事をしてからアイゼンを装着、唐沢峠、不動尻と歩く。(アイゼンは不動尻近くで外した)

山の神トンネルの先から急斜面の登山道を鐘ヶ岳に登り、道の無い鐘ヶ岳北尾根を下山して別所温泉に、




12月22日(日)三ノ塔

メンバー 1名

コース 大倉の諏訪丸駐車場〜牛首〜三ノ塔〜牛首〜諏訪丸駐車場

天気が良さそうなので、三ノ塔に登ってきました。諏訪丸駐車場を10時に出て、山頂に12時着。

富士山や南アルプスがくっきり見えて最高のロケーションでしたが、雪があり、アイゼンを忘れました。

これからは冬山ですので、安全のために、アイゼンの準備を怠らないようにしましょう。




12月15日(日) 忘年山行 日向山 (下山後にあいらく亭で18時30分から忘年会)

メンバー ハイキング・・9名

忘年会・・13名

コース 芦ヶ久保駅〜あしがくぼ果実園〜丸山分岐〜日向山〜琴平神社〜法長寺〜武甲温泉〜横瀬駅 

芦ヶ久保駅前にUさんとMさんがいた。何年ぶりだろうか・・元気そうだった。雲一つないような天気で

遠くの山々もくっきり見えていた。日向山の南斜面の北風の当らない暖かいところで昼食休憩。高橋さんの

ナメコ入りの味噌汁を久々にいただいた。今年は天候の悪い日が続き、淡歩々山の会主催のおでんハイク

もつぶれてしまった。武甲温泉のお風呂に入り、休憩室でのんびりして横瀬駅から高田馬場のあいらく亭に

向かった。あいらく亭で6名と合流して13名での忘年会を行う。







11月17日(日)奥多摩・本仁田山 バリエーション 

メンバー 3名

新宿発7時44分のホリデー快速おくたま1号に乗車。立川駅8時11分、奥多摩駅9時14分着

9時35分発の東日原行きのバスに乗車して、大沢で下車。

コース 大沢バス停〜12号鉄塔〜平石山〜本仁田山〜安寺沢〜奥多摩駅

この季節なので、本仁田山までの尾根は見通しがよくて歩きやすかった。本仁田山山頂に12時着。

12時30分に出発して奥多摩駅着14時20分。河辺駅前の温泉に立ち寄る。




11月16日(土) 丹沢・表尾根縦走

メンバー 4名

コース 大倉〜牛首ゲート〜三ノ塔〜烏尾山〜新大日〜塔ノ岳〜大倉

大倉から吊り橋を渡り舗装路を牛首ゲートに向かう。ハンターが入っていてときおり銃声が聞こえる。

予定より早めに三ノ塔に到着したが、今日は登山客が多いので早めに出発。しかし行者岳の鎖場で

大渋滞、鎖場を下りるのに時間がかかる人が二人ぐらい前方にいるらしい。30分ぐらい待たされてしまう。

その先の1209mのピークで12時15分になるため食事にする。新大日から塔ノ岳に登り小休止。あんなに

晴れていた空も曇って富士山も見えなかった。大倉に予定より40分ぐらい早く下山して、鶴巻温泉の弘法

の里の湯に立ち寄ったが、お風呂は混んでいて、あきロッカーが無くてロッカーを二人で使用した。

休憩室でビールで乾杯。




11月3日(日) 大月から高川山

メンバー 3名

高尾駅発8時20分の甲府行きに乗車して、大月で下車。市街地を歩き、むすび山の登山口に、

むすび山の次ぎのピークを登って女性2名が休憩していたところを曲がってすぐ、先頭のIさんが驚い

たように腐った倒木の左側の草むらを通過する。見れば大きなスズメ蜂が登山道上に4〜5匹いて、

1〜2匹は飛んでいた。おそらく倒木の中に巣があるのだろう。後続の男性に知らせてから先に進む。

高川山山頂には12時10分前に到着。いいペースだ。富士山はみごとな笠をかぶっていた。明日は雨だろう。

高川山で昼食休憩してから羽根子山に向かう。登山道のあるのはわかるが、あまり歩かれてないことがよく

わかる。倒木は多いし、土はやわらかい。熊の糞があちこちにある。大岩山を過ぎて屏風岩、形の良い松

と富士山が良く似合う場所だ。八幡荘でお風呂に入ったあとのおでんとビールは格別にうまい。




11月2日(土) 棒ノ嶺(棒ノ折山)

メンバー 3名

飯能駅・・バス・・さわらびの湯〜白谷沢登山口〜岩茸石〜ゴンジリ峠〜棒ノ嶺〜岩茸石〜名栗温泉

今回の山行は、昔会員だった友人(75歳)が6月に単独で入山し、道迷い滑落して4ヶ月後に白谷沢で

発見された慰霊山行でした。岩茸石より山ガールもバテバテな尾根を登り、ひろびろとした山頂には

登山者も多く、のんびりと食事をしていた。名栗温泉は、入浴とバス代込みで1500円、風呂もよかった。



なお、10月20日(日)の淡歩々山の会主催のおでんハイクは雨のため中止されました。


9月29日(日)倉掛山(9月15日の振り替え山行です)

メンバー 3名

塩山駅よりタクシーで柳沢峠に、コース 柳沢峠〜ハンゼの頭〜倉掛山〜白沢峠〜芹沢バス停

アップダウンが多い防火帯の道で、蜘蛛の巣がやたら多くあまり歩かれていないようだ。それに、やたら

に道路が多く迷いやすい。3名なので予定より速く芹沢バス停に到着。西沢渓谷からの臨時便があった

ようで、そのバスに乗車できた。塩山駅近くの塩山温泉で入浴(塩山温泉は大衆風呂になっていた)。


9月27日(金)夜行〜29日(日) 大朝日岳

メンバー 5名

コース 古寺鉱泉〜古寺山〜小朝日岳巻き道〜大朝日岳〜大朝日岳小屋(小屋、泊り)

大朝日小屋〜小朝日岳〜鳥原小屋〜古寺鉱泉。日帰り温泉で入浴。

28日(土)の3時ごろに古寺鉱泉の駐車場に到着して車中で仮眠。5時ごろには満車になって、

駐車できなかった車が引き返していく(林道の途中の車の退避場所に移動したようだ)

紅葉は始まっていた。大朝日小屋に予約した団体さんの一つがキャンセルになったため、テント

装備できたが、テントの許可が出ずに小屋泊りとなった。それでも島根県からきた山の会などの

団体さんもいて、けっこう混んでいたが、テント設営したのは1組だけだった。日帰りで下りる人たちも

多かったが、山は朝が良い。早朝5時に出発。小朝日岳に向かう稜線で日の出を拝む。天気も良く

山もくっきり見えて最高の山登りとなった。






9月21日(土) 大倉尾根から塔ノ岳・鍋割山

メンバー 6名

小田急線の渋沢駅からTさんの車で大倉に、Y車は諏訪丸駐車場に、

コース 大倉〜雑事場平〜堀山の家〜花立山荘〜塔ノ岳〜金冷しに戻る〜小丸〜鍋割山〜後沢乗越

〜二俣〜大倉。鍋割山で鍋焼うどんを食べました。

下山後のお風呂は湯花楽にTさんの車で行きました。






9月7日(土)〜9日(月) 峰の松目、天狗岳、稲子岳


メンバー 8名

集合は、中央本線の茅野駅に9時20分、改札を出たところ

コースは、桜平〜オーレン小屋〜峰の松目〜オーレン小屋(泊り) 8日は、オーレン小屋〜赤岩の頭

〜硫黄岳〜夏沢峠〜箕冠山〜根石小屋〜風雨激しく夏沢峠に戻る〜本沢温泉(泊り)9日は、本沢温泉

〜分岐〜バリエーションコース入口〜稲子岳〜ニュウ〜シャクナゲ尾根〜みどり池入口〜稲子湯

7日(土)は雨が降っていた。オーレン小屋に泊り、夜中は豪雨になり翌日の山行が危ぶまれたが、朝起き

たら小雨なので予定どうり決行したが、根石小屋から天狗岳方面の風雨激しく予定を変更して夏沢峠に戻

り本沢温泉に向う。本沢温泉の野天風呂は日本最高所の温泉で、標高2150mにあり、入るつもりはなかっ

たが、良い温泉で思いがけず入浴してしまい。思いでに残った山行となった。稲子岳のバリエーションコー

スは、地形が変化したのか?入口が変わっていてとまどった。Yさんが、ころんでおでこをぶつけたの

で心配した。天気が良かったのは最終日の9日(月)だけだった。稲子湯に13時30分着。


その他の山行報告

9月14日(土)小岩バス停から浅間峠・・Oさん

9月21日(土)武蔵五日市駅から勝峰山〜白岩山〜金比羅山  6時間30分ほどかかった。藪が2ヶ所ほどあり、
けっこうきびしてバリエーションコースだった。・・Oさん

9月28日(土) 奥多摩・丹波の丹波天平(デンデイロ)・・・Oさん

9月22日(日) 那須の茶臼岳・・Nさん。



8月10日(土)夜行〜14日(水) 水晶岳〜鷲羽岳

 メンバー 2名

新宿都庁駐車場 23時発の毎日アルペン号(集合は22時30分)に乗車。

8/11(日)新穂高バスセンターに5時30分〜わさび平小屋に7時。〜鏡平小屋に11時着。双六小屋テント場

に13時50分着、テント設営。8/12(月)双六小屋テント場〜三俣蓮華テント場に移動してテント設営。〜鷲羽

岳〜ワリモ分岐〜水晶小屋〜水晶岳〜ワリモ分岐〜黒部源流方面分岐〜三俣蓮華テント場。

8/13(火)三俣蓮華テント場(テントかたずけ)〜三俣蓮華岳〜丸山〜双六岳〜双六小屋テント場(テント設営) 
8/14(水)双六小屋テント場〜秩父沢〜わさび平小屋〜新穂高、中崎湯温泉で入浴。

14時15分発のバスで新宿へ。

* 初日は夜行バスで寝不足。テントや食材などに持つが重くしかも暑い。小池新道の後半は傾斜もきつい。

2日目は、SさんとNさんは別行動。Nさんは水晶岳に向かう。水晶岳はハシゴや崖が多い岩山でした。

そこから黒部の源流に向かったが、黒部の源流から間違った沢に入り何度も足が滑り沢にはまる。やっとの

思いで登山道にでた。三俣蓮華のテント場は雪渓の横でけっこう寒く、フリースを着て寝ました。3日目は予定

のコースを変更して三俣蓮華岳〜丸山〜双六岳にしました。テント場での冷やしソーメンは最高でした。

4日目は、早く温泉に入りたいので、4時30分に出発。10時45分に新穂高温泉に到着。ゆっくりしました。

三俣蓮華テント場                   水晶岳


鷲羽岳                          双六岳の稜線


雪渓と雷鳥                       双六岳



8月10日(土) 景信山

メンバー 4名

コース 大下バス停〜小下沢キャンプ場跡〜景信山〜ヤゴ沢コース分岐〜水場〜小仏バス停

異常に暑い日でしたが、小下沢キャンプ場跡には水場があり、冷たい水で一息つけました。沢沿いの

道は涼しく景信山の急登で一汗かいたら冷たいビールが待っていました。おつまみ付きで400円。

ビールを飲んでいたら左腕を蜂に刺されてしまったので、手持ちの吸い出し器で蜂の毒を吸い出す。

手当てがよかったようで、腫れなかった。ヤゴ沢コースは案内表示の裏にある道で、じぐざぐの道を

かなりの標高差を下る道だった。その途中にも水場があり、一息ついてから小仏バス停に向かった。





8月3日(土)〜4日(日) T山荘をベースにして、毛無山(河口湖)・鬼ヶ岳

メンバー 11名

相模湖駅前に8時40分に集合して、車3台で谷村PEに向かい、M車と合流。

文化洞トンネル手前の駐車場から毛無山に登り(ピストン)、西湖のいずみの湯に、その後、スーパーで

買い物をしてから別荘に向かう。食べたり飲んだりしながらの団らんは楽しい。(泊り)

翌日は、Tさんが、Oさんを河口湖駅まで送りながらK車を河口湖ICまで案内してから

西湖湖畔の根場の駐車場に車をとめて鬼ヶ岳に登る。コースは、 根場駐車場〜雪頭ヶ岳〜鬼ヶ岳〜

鍵掛峠〜根場駐車場。なかなか変化に富んだ山登りでした。ブラジル人のIさんが同行。彼は富士市

在住とのこと。彼とは駐車場で別れて、湖畔のいづみの湯に立ち寄ってから、途中でM車と別れてから

T車とY車は、東富士道路を走り、国道246に出て、小田急線の渋沢駅にみんなを送り解散した。

毛無山山頂にて、                   T山荘の前にて


鬼ヶ岳直下のハシゴ                  鬼ヶ岳山頂にて



7月10日(水)〜11日(木) 富士山・・・・メンバー1名(単独行)

コース  新宿からバスで吉田口5合目に、〜吉田ルート〜頂上(須走口頂上扇屋に泊り)

〜富士宮口下山〜富士宮口5合目〜バスで富士宮浅間神社〜富士宮〜東京。

10日の7時40分発のバスで10時過ぎに吉田口5合目着。外国人多い。6合目で昼食。天気うす曇りだが

御坂山塊、河口湖が下に見える。体が重くペースが上がらない。登山者はまだすくないのでゆっくり登る。

なんとか8合目の元祖部屋に到着。小屋の横の烏帽子岩の神社に参拝。本8合目の小屋前の温度計は

17.2度。ヤッケ着込む。16時10分になんとか吉田口頂上に到着。扇屋にチェックインしてから外でビールを

飲む。24時(0時)ごろ外に出たら満天の星空。河口湖や吉田の街明かりがきれいだ。3時30分に起床。

4時25分すぎに御来光を拝む。5時すぎに白山に登る。


7月5日(金)夜行〜7(日) 北岳  (北岳山荘泊り)

メンバー 5名

甲府からSI車に同乗して芦安温泉の駐車場でテント泊。1時にMさんが合流。6日の4時30分に

U君と合流してジャンボタクシー1号に乗り、夜叉神峠を市の車両の次ぎにゲートを通過して広河原に

6時前に到着した。大樺沢の急な大雪渓を延々と2時間以上登る。U君はアイゼン無しで、Sさんから借

りたピッケルで登って行く。他にアイゼンを着けないで登る人はいなかった。八本歯コル手前でみんなかなり

体力を消耗していたが、登りきった。雪渓では強風で自然の落石が発生し、Mさんの横を落下していき

危ないところだった。八本歯コルは、延々に階段と梯子と階段が続き、さらに疲れた。北岳山荘へ向かう

稜線の下にキタダケ草を見つけた。6月末でほぼ終わってしまうがこの時期は少しだけ残っている。

天気は曇りで、ほとんど景色は無かったが、雨も降らなかった。7日は北岳山頂に、強風と霧のため、視界

不良。霧の中で山頂の写真を撮り、肩ノ小屋から草スベリ、白根御池と下山。






6月8日(土) 倉岳山から高畑山

メンバー 7名・・・お試し山行 2名

集合は、高尾駅 8時20分発の甲府行き先頭車両に乗車・・下車駅は梁川

コース 梁川駅〜立野峠〜倉岳山〜穴路峠〜高畑山〜石仏〜鳥沢駅

リーダーのSさんを先頭に、お試し山行のYさん、Aさんと続いて歩く。山はあまり歩いていないと

いう二人だが、歩くペースが早いようだ。新人さんが来るというので、そんなに早くは歩かないだろうと

まだリハビリ中のOさんが安心して参加したのだが・・・間は離れていくばかり。倉岳山からの急坂も

なんのその、穴路峠からの高畑山の急登も早い。Yさんはフルマラソンもやっているという。

早い人を、先頭のSさんの後ろを歩かせてしまったので、ペースが早いわけだ。Aさんは高校の先生

で、自宅は、日暮里ひろば館に近いそうです。入会してくれるといいのですが・・・。






6月2日(日) 三室山(クリーンハイク)   労山 北区連盟(小雨決行)

メンバー 淡歩々・田端・なめとこ・モンテ・緑峰の合計21名。

集合は、青梅線の二俣尾駅に9時50分集合。新宿駅からホリデー快速の8時19分発で二俣尾着9時45分

コース 二俣尾駅〜愛宕神社〜愛宕山〜三室山〜琴平神社〜日向和田駅・・ゴミは梅の公園付近に

* いつものごとく、山のゴミは少ないが街中のゴミは多い。下山後は、日向和田のお蕎麦屋で一杯やる人

と、河辺駅前の温泉で入浴してから帰宅、そのまま帰宅する人に別れた。

 


5月19日(日) 檜洞丸〜石棚尾根

メンバー 6名

コース 西丹沢駐車場〜ゴーラ沢〜見晴らし台〜檜洞丸(1600m)〜同角分岐〜石棚山〜板小屋沢ノ頭〜

箒沢公園橋〜西丹沢駐車場 

西丹沢自然教室のところで計画書の提出を女性の係りの人が言われたので、計画書を渡した。ゴーラ沢を

過ぎて急な登りとなり、見晴らし台に、富士山が輝いて見える。さらに稜線の分岐点に向かうがAさんが

苦しそうなので、先頭で自分のペースで歩いてもらうことにした。登ってしまえば笠新道の時のように下山は

早い人なので問題無いと思われた。稜線の分岐点から檜洞丸は近い。山頂では何組かのグループが食事

をしていた。下山コースに使った石棚尾根はブナの林の中の道で気持が良い道がしばらく続くが、石棚山を

過ぎてからの急斜面の下山はあなどれない。アップダウンもあり、砂路の滑りやすい急斜面もありの難コース

だった。山北駅前の福祉センターさくらの湯(400円)で入浴して、近くのラーメン店に立ち寄り帰路につく。







5月4日(土)〜5日(日) 大菩薩&大蔵高丸〜ハマイバ丸〜滝子山に、

メンバー 5名(高崎1名・静岡2名・甲府1名・淡歩々山の会1名)

駐車場所・・八幡荘・湯の沢峠・上日川峠

コース 駐車場〜上日川峠〜福ちゃん荘〜大菩薩嶺〜雷岩〜大菩薩峠〜熊沢山〜石丸峠〜狼平

狼平で天気が急変して石丸峠に戻り、下山開始する。15時30分に上日川峠に、車で湯の沢峠に向かう

が、すごい雪や氷(ヒョウ)で車の前方が見えなくなりそうでした。途中のあづまやでテント設営し夕食。

テント泊した翌5日(日)は湯の沢峠に駐車して出発。湯の沢峠〜大蔵高丸〜ハマイバ丸〜米背負峠〜

鎮西ヶ池〜滝子山〜八幡荘と歩く。






4月27日(土) 丸茅尾根・・バリエーションルートです。

メンバー 5名

コース 大倉〜西山林道〜本沢〜丸茅尾根に取り付く〜鍋割山稜〜鍋割山(鍋焼きうどん)〜後沢乗越

〜栗の木洞〜櫟(くぬぎ)山〜県民の森駐車場〜西山林道〜大倉

西山林道を歩き、二俣をすぎるとやがて本沢に、本沢を渡ってすぐの尾根がマルガヤ尾根だ。

踏み跡があるか無いかの急斜面をめいめい自分勝手に登ると平な場所に出た。尾根に乗っているにも

かかわらず、急斜面が続き、やせ尾根が時々出てくるので落ちないように気をつける。上の方には道が

ついていた。鍋割山稜のどの位置にでるのか楽しみだった。鍋割方面から歩き、二つ目のピークに登る

途中の稜線に出たが、上から見ると、ここにそんな尾根があるのかわからない。


マルガヤ尾根の最上部です



4月22日(月) 三ノ塔〜塔ノ岳  (表尾根)

メンバー 3名

集合は、小田急線、渋沢駅の改札に8時・・バスで大倉に。

コース 大倉〜三ノ塔〜烏尾山〜新大日〜塔ノ岳〜大倉

三ノ塔から見た富士はきれいでした。表尾根には鹿がいました。新大日で昼食をとり、

塔ノ岳に、晴れていた空は曇りになり寒くなった大倉尾根を下山。

月曜日なので鶴巻温泉の弘法の里の湯は休館になっていて、ガッカリ・・・

本厚木駅前の金の蔵で打ち上げ。一人当り2100円と意外に安かった。






4月13日(土) 城山(戸倉城)・盆掘山

メンバー 5名

コース 戸倉バス停〜光厳寺〜城山(434m)〜盆掘山(391m)〜荷田子峠〜荷田子バス停〜瀬音の湯

武蔵五日市駅の近くに、こんなに見晴らしの良い場所があったのかと再認識させられました。光厳寺か

らの城山は、急登の連続で息をきらしながらの若干のスリルもある登りで、山頂からの見晴らしは抜群

でした。コースの途中に、こんなに巨大なものは見たことが無いという鉄塔もあり、戸倉三山が高くそびえ

る場所で昼食、Tさんのなめこ入りの味噌汁を頂きました。山桜も咲いて、この季節の山はいいですね。

瀬音の湯は、車で来る人も多く、にぎわっていました。






3月31日(日) 総会報告・・南千住駅前ふれあい館にてPM1時〜

出席メンバー 23名





3月6日(水) 塔ノ岳

メンバー6名

コース 大倉〜掘山の家〜花立山荘〜塔ノ岳〜花立山荘〜掘山の家〜大倉駐車場〜諏訪丸駐車場

今年度から入会する予定のYMさんとSKさんをMMさんが案内して大倉尾根に登りました。

MMさんは3月末で退職し郷里の長野県飯田に引っ越すので、早めに日程を設定して実施しました。

MMさんの東京での暮らしがあとわずかと聞き、高崎からSMさんご夫婦も参加、掘山の家で出迎え

たのでみんなビックリ!・・・・。






2月10日(日) 三浦アルプス

メンバーは、17名(男性9、女性8) になりました。

集合は、京浜急行 新逗子駅南口、@番乗り場の9時02分発、横須賀市民病院行きに乗車。

コース 新逗子駅〜バス〜風早橋バス停。風早橋バス停〜仙元山〜観音塚〜乳頭山〜田浦梅林

〜JR田浦駅

風早橋バス停を下りて進行方向に少し進むと左に階段があり、山道に出た。仙元山からは手前に江

ノ島、相模湾の向こうに富士が浮かび、右手に雪の丹沢山塊があった。休憩の後、出発する時にN

さんがザックが無いと騒ぎだした。先に出た人がいたので、おそらくその人だろうと追いかけて行こうとし

た時に、Sさんが背負っていたことが判明・・いつもと違い、大人数なので緊張していたのでしょう。仙元山

から下り、250段の階段を登る。標高200mぐらいのハイキングコースだが、結構きつい。下沢尾根との分

岐がわかりにくいとあったが、標識があり、迷うことは無かった。観音塚に登り、アップダウンの多い道を

歩いていたら、初参加のMYさんの膝が痛くなり、T会長がサポターを出してMYさんの膝に巻く。前につい

て行かなくでいいからと、自分のペースで歩いてもらう。送電鉄塔下の休憩ポイントに12時15分着。新ハ

イキングのグループ30人が陣取っていたので、残りのスペースが少なかったが、なんとか昼食休憩が出

来た。上山口分岐から乳頭山に向かう。途中でコースに疑問があったので少し戻って確認する。乳頭山

からは横浜方面、ランドマークタワーやベイブリッジがよく見えていた。田浦梅林に向かう登山道は急でし

た。ロープがあちこちにあり、ロープにつかまっての下山です。横浜横須賀道路の上に橋があり、渡ると

田浦梅林の展望台近くに出ました。梅はまだ一部しか咲いていませんでしたが、展望台からの景色を堪

能して、JRの田浦駅まで歩きました。







1月20日(日) お雑煮ハイク  景信山  労山合同 モンテローザ主催

メンバー 12名 と、田端・モンテ・なめとこ・緑峰・文京の25名で合計すると37名が参加。

1月14日(月)に大雪が降ったおかげで、予想どうり小仏駐車場のバス停は凍結して滑りやすい。

南東尾根から登りが、雪はサクサクしていてアイゼン無しでも歩けた。昨日、アイゼンを購入した

Sさん&Yさん御夫婦は、アイゼンを装着して雪道を歩く。他の会のメンバーが、雪の坂道を

歩けずに困っていたら、会長のTさんが簡易アイゼンを持って救出に出動。Tさんの息子さんは、この

山と同じ名前で、本日参加。颯爽と若さで餅をつく。次にMさん、TSさん、Sさんも女性らしく

可愛い餅つきをしていた。




1月19日(土) 塔ノ岳から鍋割山

メンバー 1名 大倉尾根から塔ノ岳に登り、鍋割山を歩いてきました。富士山や南アルプスが

きれいに見えていました。塔ノ岳よりも鍋割山のほうが雪が多かった。




1月12日(土)〜13日(日) 丹沢山

メンバー たんぽぽ4名・高崎4名・静岡2名・山梨1名・合計11名(1名は日帰り)

12日は、大倉の対岸の無料駐車場に3台の車を案内してから渋沢駅にNさんたちを迎えに行き、

10時少し前に大倉から出発しました。馬返し、天神尾根の分岐、花立て小屋までの階段部分など、

きつい場所もありましたが、無事に見晴らしのよい花立ノ頭に午後2時ごろに到着、Yは下山しました。

写真は、花立山荘の前と花立ノ頭で、偶然に畠山さんに出会ったのでいっしょに写真を撮りました。

10名は、丹沢山のみやま山荘に向かいました。(以後はNさんよりの報告文から)

塔ノ岳で小休止。富士山の山頂の上の雲がいろいろな形に変化する。雪が残る凍結路を歩き

竜ヶ馬場へ、丹沢山まで20分。16時すぎに余裕で到着した。翌日は、塔ノ岳まで戻り表尾根に、

三ノ塔で昼食をとり、無事に大倉に下山した。






1月5日(土) 奥多摩・高水三山、沼沢尾根

メンバー 5名

立川駅、青梅線ホームに8時45分に集合して、8時55分発の青梅行きに乗ることになっていたが、

8時55分発は6番の中央線ホームだったので、そちらに移動して乗車。Nさんはホリデー快速で御嶽駅

まで行き乗り換えて川井駅に、コースは、線路に沿って少し戻り階段を上がって尾根に取り着くと34号鉄塔は

近い。さらに急登が続き、北から北東方向に、登りきったところから尾根は東方向になりまた北東方向に、

登ったところが馬仏山で、すぐ近くに一般道が通っていた。迷うような支尾根もなく、素直な尾根でした。

ただ、前回、このコースを下山に使ったメンバーは、馬仏山から少し下がった場所から北斜面を下りてしまい、

上日川方面からの一般道まで藪こぎをしたというから驚きである。岩茸石山で昼食にして、高水山、常福院に

立ち寄り、一般道を軍畑駅まで下山。河辺駅前の温泉で入浴とビールで打ち上げ。